浴室暖房について

二階建ての家

冬の風呂場は寒くて当然だった

浴室暖房という概念は、石油ストーブにやかんを乗せていた時代には考えもつきませんでした。 雪国や北海道などの寒冷地ならともかく、関東では冬の風呂場は寒くて当然といったものでした。 最近は木造住宅も減り、住宅の気密性や断熱性も上がっているので直接暖房より空気を温める物が好まれます。 浴室暖房も風呂場の気密性が上がったからこそ実現できるようになったのでしょう。 逆に、気密性が上がったからこそとも言えるかも知れません。 浴室暖房機には大抵乾燥機能も付いています。 気密性が上がった故に、浴室の空調の必要性が高くなったため、こういった機械が作られたのかも知れません。 ですがどちらにしても、冬の風呂場の寒さが無くなったのは喜ばしい事です。

高齢化社会では必需品に

浴室暖房は単純に快適だと言うこともありますが、これからの社会ではエアコン同様必需品なのではと思います。 それは、誰もが知っている高齢化社会にとって、という意味合いでです。 昔なら、老人の死亡原因とされるものには心不全が多かったものです。 ですが、当然ながら心不全になる時には、それこそ老衰でも無い限り何らかの外的要因があったはずです。 それには、風呂場などでの急激な温度変化が関わっていたことも少なくないでしょう。 これから高齢化社会が進んで行く中で、明らかに危険性があることへの対策は進めるべきだと言えます。 まだエアコン程には普及していない浴室暖房も、エアコンと同程度必要なものと認識されてしかるべきものではないでしょうか。