新築の際に

美術館の入口

どのような種類があるか

住宅の床をいつまでも美しい状態を維持したいと思ってる人の中には、新築の時にフロアコーティングをする人が多いようです。フロアコーティングをしなければ家が劣化したり、耐用年数が短くなるわけではありませんが、長年使っていても輝きが持続する点が魅力なのです。 かつては床やフローリングはワックスをかけて光沢を出していましたが、両方を比較をするとワックスは滑りやすく、乾いた後でも1年単位での長期間は持続しないため最近はワックスよりもフロアコーティングのほうが人気です。 ではフロアコーティングにはどのような種類があるのでしょうか。それぞれの比較をしてみましょう。 まず、ガラスコーティングです。ほかのコーティングと比較しても価格は標準的です。

それぞれのフロアコーティングの特徴の比較

しかも光らないのが特徴です。耐水性が優れているためキッチンなどの水回りに使うのがいいでしょう。 次にシリコンコーティングです。シリコンコーティングはもっともポピュラーです。その理由は価格がほかのコーティングと比較すると安いからとも言えます。また、すべりにくい点に特徴があります。 次にウレタンコーティングです。ウレタンコーティングはコーティングの中で一番安い傾向にあります。その反面、耐久年数は短く5年から10年程度です。 最後にUVコーティングです。UVコーティングは見た目がピカピカになるのが特徴です。価格は高めですが、その代り耐久年数も長く、15年から30年は持ちます。新築の頃にコーティングをすれば解体するぐらいまでは長持ちするのです。